ヴォーリズ建築と中沢フルーゼハウン

昨日、今日と新橋まで出社していたので、帰りに行ってきました。
まずは汐留ミュージアムで開催中のウィリアム・メレル・ヴォーリズ展
d0054930_1743114.jpg
1905年に来日し、滋賀県近江八幡でキリスト教主義による様々な事業を行ったヴォーリスズ。
彼の残した米国式建築は今でも全国各地に残されています。
簡素であるけれど風格ある建築物はそこに集う人への思いやりにあふれたもので、
それが今でも私たちを魅了するのです。
d0054930_1764840.jpgd0054930_17754.jpg

東京ではお茶の水界隈、軽井沢には教会や浮田山荘などたくさんのヴォーリズ建築が残っています。
d0054930_1793019.jpg

母校の時計台もヴォーリズ建築です。この写真を見ると懐かしい日々が蘇ります。
でも一番ヴォーリズを感じられるのは、近江八幡を中心とした琵琶湖畔。
いつか行ってみたいなぁ・・・

そしてもう一つ・・・新橋1丁目に期間限定ショップ
中沢プロモーションカフェ フルーゼハウンd0054930_17182610.jpgd0054930_17184911.jpgd0054930_17243378.jpg

生クリームで有名な「中沢フーズ」のアンテナショップ。
リニューアルして、人気ベーカリー「メゾンカイザー」の木村シェフ監修のランチメニューがありました。
d0054930_17221747.jpgd0054930_17245276.jpg

ドリンクはミルクをたっぷり使ったほうじ茶のオーレをチョイス。
パンもスープもシュリンプサラダもどれも美味しくってぺろ~りとたいらげました。
帰りに可愛い「シューアヌシー」を購入しようと思ったら既に売れ切れ007.gif
一日20食は少なすぎます。

新橋界隈はサラリーマンだけでなく、女性も楽しめるところです^^
[PR]

by hao73940 | 2009-06-05 17:36 | お出かけ